注目のキーワード
天栄米
雪ほたか
山形代表
新米

無農薬・減農薬のお米

環境王国のお米 平成28年度産新米山形の新しいお米「つや姫」お米はここまで美味しくなれる。山形から、日本の新品種。「つや姫」。 日本一を誇るブナの原生林が育む滋養に満ちた水系、先人の知恵と四季鮮やかな山形の風土が生んだ、わが国の美味しいお米のルーツとなる「亀ノ尾」。 その正統の系譜から、ついに新ブランド米が誕生しました。 際立つ「粒の大きさ」、「白い輝き」「旨さ」、「香り」、「粘り」は、ごはんそのものがご馳走。 味わうほどに至福の喜びに満たされます。 山形の農の匠が丹誠込めて育てる、安全で、おいしさを極めた特別なお米。 日本中の、何よりも「白いごはん」が大好きな人にお届けします。「つや姫」のおいしさ評価/「つや姫」の一番の特徴は、なんと言ってもその「美味しさ」です。 食味ランキング(お米の美味しさの評価)を行っている (財)日本穀物検定協会の食味官能試験(実際に食べてみて、食味を判断する)において、 外観については「艶がある」、「粒が揃っている」など、 味については「甘みがある」、「うまみがある」などの評価が得られました。 また、農業総合研究センターの食味官能試験でもコシヒカリを上回る結果となりました。「つや姫」はコシヒカリよりおいしい/甘み、白さとつやに高い評価「つや姫」おいしさのルーツ/明治時代に本県庄内町(旧余目町)で阿部亀治氏が育成した水稲品種「亀の尾」は、 品種改良の交配親として盛んに用いられ、 その良食味性が「コシヒカリ」や「はえぬき」に引き継がれています。 この「亀の尾」をルーツとして、日本で一番美味しいと言われている「コシヒカリ」を凌ぐ 良食味の米として開発されたのが「つや姫」です。生産者:県知事が認定した生産者が栽培適地で生産/栽培方法:有機栽培と特別栽培に限定/生産体制:統一したマニュアルに基づき生産/出荷体制:食味(タンパク質の割合)をチェックして出荷スタッフのおすすめポイント/山形県が10年の歳月をかけて開発した、新しいお米です。 「白さ」「ツヤ」「甘み」全てが際立っています。 お米が好きな方にぜひとも食べてもらいたいお米です。

【平成28年新米】山形県真室川町 土づくりからこだわった、山形県真室川町産特別栽培「つや姫」 2kg

画像を拡大する

  • 薬減化減
  • NEW
  • オススメ

商品コード: 06-01-00052

【平成28年新米】山形県真室川町 土づくりからこだわった、山形県真室川町産特別栽培「つや姫」 2kg

販売価格(税込) 1,500 円

ポイント: 13 Pt

個  数:
在庫状況:
有り [在庫の詳細を見る]
カゴに入れる

【在庫状況について】
在庫は、常に変動しますので、『有り』または『在庫数』が表示されている場合でも、ご注文のタイミングにより、在庫切れとなる場合がございますので、ご了承願います。

福島県天栄村/天然酵母のパン&お菓子
長崎県対馬市/つしま地鶏と椎茸のスープで味わう二つの麺対州そば孝行麺